「生活者としての外国人」のための日本語教育事業

事業の概要

本事業は,日本国内に定住している外国人等を対象とし,日常生活を営む上で必要となる日本語能力等を習得できるよう,地域における日本語教育に関する優れた取組の支援,日本語教育の充実に資する研修等を実施することにより,日本語教育の推進を図ることを目的として平成19年度から実施しています。

平成28年度からは,事業の枠組みを変更して,次に掲げる事業を行うこととしています。

  1. (1)地域日本語教育実践プログラム(A)
    「生活者としての外国人」に対する日本語教育の実施,その実施のために必要な指導者等の人材の育成・研修及び学習教材作成業務。
  2. (2)地域日本語教育実践プログラム(B)
    多様な機関等との連携・協力を図り,「生活者としての外国人」に対する日本語教育の体制整備を推進する業務。
  3. (3)地域日本語教育スタートアッププログラム
    地域公共団体等に対して日本語教育に関する専門的知見を有する者を派遣して行う指導・助言業務。
  4. (4)地域日本語教育コーディネーター研修
    地域における日本語教育プログラムの編成や実施に必要な地域の関係機関との調整に携わっている者等,地域日本語教育を推進する中核人材に対する研修業務。

<問合せ先>
文化庁文化部国語課

住所:
〒100-8959
 
東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:
03-5253-4111
 
日本語教育指導・普及係(内線2839)
 
日本語教育専門職(内線2644)

E-mail:nihongo@bunka.go.jp

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動